ファッション業界のファッションキャリアと求人リスト

ファッション業界のファッションキャリアと求人リスト

ファッション業界でのキャリアは魅力的で儲かっているように聞こえます。ファッション業界に参入することを考えたことがありますが、それを管理できないと思うかもしれません。あなたがファッションの世界で演じることができる非常に多くの異なる役割とポジションがあります。必ずしもファッションデザイナーである必要はありませんが、それでもファッション業界で非常に成功したキャリアを持つことができます。

好きなもので生計を立てられるのはいつも楽しいです。あなたがファッションファンで、あなたの周りの美しい服、アクセサリー、スケッチを見るのが好きなら、あなたはファッションの世界でのキャリアを始めることを検討するべきです。以下は、デザイン、制作、マーケティングなど、ファッションの世界で参加できる重要な役割です。

設計

これは、ファッション業界で最も注目を集めている仕事の1つです。デザイナーは、トレンドに関するアイデアを概念化し、最終製品で実現する責任があります。デザイナーは、デザイナーのグループを所有する会社に雇用されたり、独自のブランドや生産ラインで働いたり、あるいは別の会社にデザインを提供するフリーランサーとしても雇用されます。

ファッションデザイナーにはいくつかの種類があります。

1.アパレルデザイナー:明らかに、これらはランジェリー、スポーツウェア、カジュアルウェアからファッション性の高いオートクチュールまで、男性、女性、子供向けの衣料品デザイナーです。
2.靴のデザイナー:男性、女性、子供向けの靴を、スタイルの観点からだけでなく、足の健康の観点からも設計します。
3.アクセサリーデザイナー:アクセサリーには、ハンドバッグ、帽子、アイウェアから手袋、スカーフ、ジュエリーまで、間違いなく幅広いものがあります。

製造

生産には、ショップや顧客に届ける最終的な作品を生産するまで、衣服やアクセサリーのサンプリングが含まれます。この大規模な作業には、さまざまな職業のチームが関与します。

1.マーチャンダイザー:マーチャンダイザーは、ファッション製品の製造プロセスにおいて重要な役割を果たします。マーチャンダイザーは、製造のための原材料の購入、生地、テキスタイル、トリムの選択を担当します。彼らは、価格設定、品質、最新のトレンド、原材料の革新に基づいて決定を下さなければなりません。

2.技術設計者:技術設計者は、サンプリングから製造までの全手順でフィッティングを行う責任があります。彼らは衣服をデザインした人ではないかもしれませんが、衣服のフィッティングを改善するために衣服の代替品を提供する専門家です。

3.パターンメーカー:パターンは、縫う衣服の基礎です。パターンメーカーは、デザイナーがスケッチした衣服のパターンを作成して維持します。パターンメーカーは、衣服を実現する上で重要な人物です。

4.パターングレーダー:衣服のサイジングは、パターングレーディングから始まります。パターングレーダーは、さまざまなサイズのサイズ仕様を作成する専門家です。製品全体で一貫したサイジングにより顧客の忠誠心と信頼を維持できるため、彼らはあらゆるファッションブランドにとって不可欠な人物です。

5.フィッティングモデル:究極的には、衣服と履物は快適さとスタイルを組み合わせるために作られています。フィッティングはファッション業界で重要な部分であり、最も正確なフィッティングは、フィッティングのボディとしてモデルを使用することです。

多くの企業は、ブランドが必要とする正確なサイズ測定を行う、ラインをフィッティングするための独自の専用モデルを持っています。子供、男性、女性からプラスサイズのモデルまで、サンプリングモデルを探している広告が表示されることがあります。

6.品質管理スペシャリスト:品質管理はあらゆる種類の製品にとって最も重要であり、ファッション業界でも例外ではありません。品質管理のスペシャリストは、テキスタイルの剥がれ、縮み、色あせなどの原材料の品質と、アクセサリーアイテムの全体的な組み立てなどのファッションアイテムの全体的な品質を調べます。

7.プランナー:ファッションプランナーは、デザイナー、マーチャンダイザー、バイヤーと緊密に連携して、これからの季節の生産計画を決定します。彼らは最新のファッショントレンドに細心の注意を払いながら、生産とマーケティングの両方の側面を見ています。

マーケティング

マーケティングは、完璧なファッションアイテムを作ることと同じくらい重要です。卸売りでも小売りでも、ファッションマーケティングの人々は、この急速に変化する世界にファッションアイテムを宣伝するという使命を負っています。

1.ファッションバイヤー/小売マーチャンダイザー:製品マーチャンダイザーは、デパートのような店で販売される既製の製品を購入するものです。これらのマーチャンダイザーは調査を実施し、市場動向、相対的な顧客のウォンツ、および在庫を分析します。販売に適した製品を購入する目を持つことは収益に違いをもたらす可能性があるため、彼らは利益を上げるという点で大きな責任を負っています。

2.ショールームセールススペシャリスト:一部のブランドはショールームを所有しており、ファッションバイヤー(卸売業者)が注文できるようにコレクションを展示しています。小売販売と比較して、ショールームの販売スペシャリストは、季節限定のリピーターをよく理解し、販売コレクションに関する詳細情報を提供できる必要があります。

3.小売店マネージャー/ブティックオーナー:小売店マネージャー、セールス、ブティックオーナーは、あなたや私のような小売顧客が直面する第一線の担当者です。

その他のファッション関連の職業

ファッションアイテムのデザイン、制作、マーケティングの分野に加えて、ファッション雑誌、オンラインブログ、ファッションイベント管理などのライターとして他のポジションに惹かれる可能性があります。以下は、ファッション業界に関連する他の可能な仕事を強調したリストです。 :

1.ファッションライター:ライターまたはフリーランスのライターは、レビュー、トレンド、推奨事項について、雑誌、オンラインブログ、またはサイトに書き込むことができます。ファッションライターは、ファッション雑誌の編集者に成長することもできます。

2.パーソナルスタイリスト:一部のデパートはパーソナルスタイリングサービスを提供しますが、一部の個人顧客はパーソナルスタイリストを採用してパーソナルスタイリングの推奨事項を提供します。

3.ファッションイベント管理/広報:プロの広報およびイベント管理担当者が世話をする必要がある無名のファッションイベントがあります。ファッション関連のイベントの開催を専門とするPR会社があります。

機会をつかむ

上記のファッション業界でのキャリアの他に、写真家、コスチュームデザイナー、カタログ/ファッションショーモデルなど、他にも多くの機会があります。仕事の機会やファッショントレンドを常に把握するための最も手が届く方法の1つは、積極的に活動することです。ファッションフォーラムでファッション雑誌を購読してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です