ファッションは学生の生活にどのように影響しますか?

ファッションは学生の生活にどのように影響しますか?

これはファッションの時代であり、ファッションは私たちの生活に非常に影響を与えています。実際、それは私たちの生活に多様性を追加し、新しいものや異なるものを目指して努力する熱意の側面を提供します。そうでなければ、私たちが同じようにドレスアップして行動することになった場合、それは単調な生活になります。

ファッションは、特に衣料品、履物、アクセサリー、メイクアップにおける独特のスタイルの表現です。それは、何かをし、異なって見え、他の人と接するというスタイルに属しています。それは、行動、言論、行動、マナー、ライフスタイルなどの幅広い分類を取り囲んでいます。ファッションや衣料、そして現代社会におけるそれらの重要性については、多くの知的議論があります。ファッションと服は、私たちの社会をつなぐ多くのものとして定義することができます。ファッションは、ドレスの既存の規範またはスタイル、マナー、社交の仕方として定義できますが、衣類は集合的に衣服として定義されます。ファッションや服が私たちの生活から排除されれば、個性の余地はなくなり、世界の人口は同じになります。また、18世紀に明確に定義されたが、今日でも存在している社会階級間の区別が失われるでしょう。ファッションや衣類の根絶はまた、社会的世界と社会的関係のダイナミクスを変えるでしょう。

「モダン」の短縮形であるModは、1960年代にロンドンから生まれ、すぐに世界の他の地域に広まった若者のライフスタイルを指します。ファッショナブルであることは望ましいだけでなく、満足のいくものでもあります。若い学生が最もファッションに惹かれ、すぐにトレンドを追い始めるのはごく普通のことなので、ファッションは私たちの若者に強い影響を与えます。ファッションは常に社会に影響を与えています。それは社会文化に対する私たちの見方や態度に影響を及ぼします。ファッションを通して新しいライフスタイルを紹介し、新しい習慣を取り戻すための意識を自分の中に作ります。これは、学生が自分の社会的サークルに外見をするための主要な社会的声明です。マルコムバーナードは彼の著書「ファッションとしてのコミュニケーション」の中で、「ファッションと衣服は常にコミュニケーションの形態として説明されてきた」と述べています(39)。学生はファッションを使って自分の気持ちや信念を交換します。彼らは、あらゆる種類の人々の精査に関連して、社会的接触の方法としてファッションを使用しています。ファッションは、彼らの個性が実際に言っていることを世界に伝えるためのコミュニケーションの方法です。

1920年の10年間は​​、そのワイルドでジャジーな表現から、炎のような若者の時代と呼ばれています。この時期、若者のエネルギーは新しい方法で解放され、ハイファッションになるほどばかげているようなスタイルはありませんでした。私たちの世界はグローバル化しています。有名人は若者の生活の中で非常に重要な役割を果たしています。学生は自分のお気に入りのアイコンを尊敬して最新の状態に保ちます。テレビを見たりインターネットを利用したりしていると、ファッショナブルなさまざまなコンセプトに簡単に惹かれます。さらに、学生たちはお気に入りの有名人を理想化し、彼らは常に彼らのようになりたいという願望を持っているので、彼らは彼らのアイドルの外観とライフスタイルを模倣するために最善を尽くします。彼らは彼らの個性を高めるために彼らの社会からすべての既存のファッションを把握しようとしています。彼らが社交するときはいつでも、彼らは適応できる新しいことについて話します。彼らは、比較的人工的な日常生活の中で、不自然な表現方法、話し方、マニエリスムを使用しています。

私の見解では、ファッションが学生に与えるプラスとマイナスの影響という2つのカテゴリーがあります。

私たちの社会のファッションは、学生に多くの悪影響を及ぼします。彼らは新しいファッションについて考えるだけであり、これは多額のお金を費やすことになります。したがって、彼らは人生の他の重要なニーズに気付くことができません。それは常に彼らを研究からそらします。スタイルやファッションがトレンドになると、それがどれほど面倒なことにつながるかに関わらず、学生コミュニティによって即座に追いかけられます。一方で、社会の影響でファッションの混乱に巻き込まれています。特定のファッションに従うためには、いくつかの行動をとる必要があり、そうするために、一部の学生は、周囲を引き付けるためだけに限界を超えます。結局、彼らは独創的である代わりに絶望的になり、流行の中にいるために鬱病に苦しんでいます。一方で、ファッションに費やしたお金は、チャリティーや貧しい人々を助けるなど、さまざまな目的に使うことができると考えられています。

ファッションは、学生にとってアクセスできない基準を生み出します。彼らは皆、テレビや雑誌の有名人のように魅力的で魅力的であることを望んでいるため、周囲の人々に良い印象を与えるためだけに多くの時間とお金を費やしています。しかし、彼らはほとんどの場合、低い自尊心につながる声明を出すことができません。それはまた、彼らと彼らの友人との間に嫉妬の要因につながる可能性のある思考の衝突を引き起こし、その結果、彼らの友人との関係を台無しにします。学生は見た目で人を判断し始め、外見に十分なお金をかけられない人はやがて迫害され、ある程度の信頼度が低下します。

ファッションにもっと集中する学生は、一般的に彼らの研究について最も意識がありません。彼らは、特定のファッショントレンドを採用することで、仲間の間で特定の区別を達成するため、学業の重要性を低くし始めると考えています。

ファッショナブルであることにもいくつかの良い点があります。たとえば、10代の若者が見た目で気分が良いとき、それは彼らの性格に高い価値と自信を与えます。さらに、彼らは社会的文脈においてより独立して受け入れられると感じています。学生が特定の傾向に従うと、同じ興味とスタイルの感覚を持つ社会のさまざまな人々に会うことによって、学生が自分の個性を認識するのを容易にします。流行の服を着ていると、人のステータスがわかります。彼がファッショナブルな服を着ている場合、人々は人がより進歩的であると想定します。マルコムバーナードは彼の著書「ファッションとしてのコミュニケーション」の中で、「ファッションと服は常にコミュニケーションの形として説明されてきた」と述べています。

生徒たちはやがて、常に他の人をフォローしたり模倣したりするのは良くないことを知るようになります。代わりに、彼らは革新的であり、彼ら自身のスタイルの意味を理解する方法を学ぶべきです。それは彼らがより強く、独立し、想像力を働かせるのに役立ちます。ファッションは自分を表現することの名前であり、人々が自分自身を快適に感じる自由を持っていることを証明し、それがより成功した豊かな社会につながることを証明しています。

ファッションは芸術の一形態であり、芸術は社会に有益であるため、ファッションにも同じことが言えます。ファッションは、企業が最新の衣料品、トレンド、より良い生活の拡大にもっと投資する大きな理由です。ファッションはすべての学生の生活に重要な位置を占めているという事実に異議を唱えることはできません。時には、それは人生をより快適にするものの源になることができます。一方で、それは特定の人々の生活を破壊する可能性があります。ですから、ファッションで自分を近代化しておく方が良いのですが、それが何らかの形で学業成績を損なう場合は、それを避けてください。一般的に、ファッションは面白く、刺激的で、無害です。ファッションは何千人もの人々に雇用を提供できる金儲けの方法です。

ファッションを追求しながら、学生の生活に安定性がなければなりません。彼らは限界内のファッションが立派であるという事実を知っているべきですが、限界を超えると、彼らは多くの問題に直面しなければなりません。彼らの主な責任は、欺瞞的なファッションの世界の荒野を追いかけるのではなく、知識の資産で自分自身を埋めることです。ファッショナブルであることと私たちのルーツから離れることの間には適切なバランスが必要です。学生は、勉強を終えた後、贅沢な世界にふけるための最大の時間があることを知っておく必要があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です